HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

2019森の学校・春の教室 生徒募集 
イベント写真森と川と生きものたち・樹木の葉から知る多様性
〜生命のつながりについて考えよう〜
●日時/平成31年3月27日(水)〜29日(金)
●集合/小田急秦野駅 南口8:30
●解散/29日 16:00 予定
●宿泊/国民宿舎丹沢ホーム
●参加費/子ども18,000円 (2泊6食・貸切バス・保険料などを含みます)
 兄弟姉妹での参加は割引もあります。ご相談ください。
 ※おやつ等も用意します。集合場所までの往復交通費以外、お金は必要ありません。
●対象/小学生4年生〜中学1年生(対象外の年齢の方はご相談ください)
●定員/30名 先着順
●服装/山を歩ける服装や靴
●持ち物/お弁当(27日昼食)、飲物(水筒)、雨具、軍手、筆記用具、着替え、タオル、洗面用品、その他必要と思うもの
【Day1】三ノ塔登山「生命を育む森」を目標に丹沢自然保護協会が10年以上植樹した山頂付近を訪ねます。様々な草木が根付きもりが生成される課程を学習します。
【Day2】沢を歩きながら、渓流を覆う森の役割を考えよう。昨年に続き、渓流にサンショウウオを探し森と生き物、命のつながりを考えよう。
【Day3】森と川と生きもの 川の中の水生昆虫と魚のつながりを実体験。昆虫を参考にした毛鉤で魚釣りに挑戦。
主催/NPO法人 丹沢自然保護協会
協力/公益財団法人神奈川県公園協会・神奈川県立札掛森の家
共催/丹沢大山自然再生委員会
【申し込み・問合せ】
NPO法人丹沢自然保護協会 中村道也 TEL:0463-75-3272(国民宿舎 丹沢ホーム) Eメール メール
ミニ安全自然教室 はじめての地図読み
イベント登山を安全に楽しむために、地図の読み方とコンパスの使い方を学びます。 内容を2回に分けて実施(初心者対象)
●日時/@地図読み編 平成31年1月26日(土) A地図とコンパス編 平成31年2月23日(土)
●時間/9:30〜11:30
●集合・解散/秦野ビジターセンター
●活動場所/2階多目的ルームと県立秦野戸川公園内
●対象/各回15名(高校生以上) ※先着順(希望者が多い場合は追加開催を検討)
●参加費/各回500円(保険代・資料代含む)
主催/公益財団法人 神奈川県公園協会
共催/神奈川県立秦野ビジターセンター
【申込み・問合せ】
12月1日から電話にて受付。行事名(@またはAまたは両方)、参加者全員の氏名とおよその年齢、代表者の電話番号をお伝えください。
※個人情報は行事の目的以外には使用いたしません。
神奈川県立秦野ビジターセンター  〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下1513  TEL:0463-87-9300
「はじめての地図読み」の案内はこちら
1月19日<表丹沢>三ノ塔尾根 牛首―三ノ塔 
確認日/平成31年1月19日(土)
コース/<表丹沢>三ノ塔尾根 牛首―三ノ塔
天気/晴れ
気温/三ノ塔山頂で 3℃(12時50分)

<登山道情報>

・三ノ塔尾根下部には森林整備のための作業用通路ができており、登山道と交差しています。このような場所では地図や指導標などを確認し、誤って作業道に入り込まないよう、 ご注意ください。
・標高 1,000 メートル付近からしばらくは岩混じりの道になります。 この付近ではルートを外れて谷に滑落し死亡した事故も発生しています。 下りでは特に足元に注意して歩きましょう。
写真
写真1 登山道と交差している作業道
写真
写真2 ルートを示すロープ

<自然情報>

・スギやヒノキの人工林が多い登山道ですが、伐採が行われた場所では、今までは見えなかった展望を楽しむことができます。
写真
写真3 西側の展望 標高800メートル付近から
写真
写真4 大倉尾根が間近に見えます

<見どころなど>

・表尾根の山の中でも存在感のある三ノ塔は山頂からの展望の良さで人気があります。空気が澄んだこの季節には、富士山はもちろん雪をまとった南アルプス南部の山々までを見渡すことができます。
・昨年トイレができた山頂では、休憩所の建て替え工事が行われています。新しい休憩所は平成31年4月1日にリニューアルオープンの予定です。
写真
写真5 富士山の奥に南アルプス
写真
写真6 建て替え工事中の休憩所
・山頂にある掲示板はこの表尾根や大倉尾根にも数か所あり、山麓の大倉にある秦野ビジターセンターが、随時自然の情報を発信しています。 とても参考になりますので、ぜひ ご覧になってください。 写真
写真7 自然情報を発信している掲示板
<上記情報元>かながわパークレンジャー
1月18日<北丹沢>南山―権現平―鳥井原園地 
確認日/平成31年1月18日(金)
コース/<北丹沢>南山―権現平―鳥井原園地
天気/晴れ
気温/12時頃、南山山頂付近にて13℃

<見どころなど>

・南山山頂や権現平は広大な展望に恵まれた所です。南山山頂からは、眼下にダイナミックに迫る宮ヶ瀬ダムを見下ろせます。積雪期には、蛭ヶ岳方面の尾根上にできる白馬の雪形がよく見えることでも知られています。残念ながらこの冬はまだ、まとまった雪が降っていないので、白馬はお預けとなりました。(写真 1、2、3)
写真
写真1 南山山頂からの眺め
写真
写真2 宮ヶ瀬ダム
写真
写真3 白馬の雪形

<登山道情報>

・ここ数年、コース周辺の森林で間伐が広範囲に行われました。林内の空間が広がり、登山道からも宮ヶ瀬湖が望める場所が増えました。

<自然情報>

・確認できた主な植物:アオキの実(写真 4)
写真
写真4 アオキの実
<上記情報元>かながわパークレンジャー

このページの先頭へ戻る