HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

2019年度丹沢大山自然再生活動報告会のご案内
イベント この度の丹沢大山自然再生活動報告会では、丹沢大山の自然再生の取り組みが発展することを目的に、県の「丹沢大山自然再生計画」を振り返るシンポジウムとともに様々な立場からの丹沢大山に関するポスター発表を行います。
参加者まだまだ募集中です。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!
日時:令和元年12月14日(土)10:30〜17:00 (受付開始:10:00〜)

会場: 日本大学生物資源科学部2号館211号室
   藤沢市亀井野 1866(小田急江ノ島線六会日大前駅徒歩3分)
イベント

タイムテーブル

基調講演
10:40〜12:00
「丹沢大山自然再生計画15年の取組みから見えてきたこと 」
丹沢大山自然再生委員会委員長 羽山 伸一
神奈川県自然環境保全センター 羽太 博樹
ポスターセッション
12:45〜14:00
イベント自然再生に取組む 市民や大学,企業,市町村等の研究や実践活動報告
日本獣医生命科学大学,NPO法人 野生動物救護の会,日本大学,公益社団法人 神奈川県猟友会
丹沢大山ボランティアネットワーク,公益財団法人 神奈川県公園協会,麻布大学, 神奈川県自然環境保全センター (申込順)
シンポジウム
14:00〜16:00
イベント神奈川県の自然再生計画の成果と今後 シカ保護管理 / 自然林の土壌保全対策 / 人工林管理
「二ホンジカ保護管理の取組」 自然環境保全センター 野生生物課 永田 幸志
「ブナ林の土壌保全対策」 自然環境保全センター 自然公園課 中西 のりこ
「神奈川の森林政策のこれまでの取組と今後のあり方」 森林再生課 宮崎 仁志
「県営林における人工林管理」 自然環境保全センター 中嶋 伸行
※シンポジウムの題名は変更になることがあります。
総合討論
16:10〜17:00
神奈川県の自然再生計画15年の振り返りと今後について
報告者と参加者の皆さんと
懇親会
17:30〜19:00
会場 本館ガレリア階(会費3,000円)
参加申込
申込方法 次のいずれかの方法で申し込んでください。
(1)参加申込書により、電子メールまたはファクシミリにより送付してください。(郵送も可)

参加申し込み書PDFメールフォーム 参加申込書Wordメールフォーム
(2)丹沢大山自然再生委員会ホームページお問い合わせフォーム メールフォーム
「ご用件種別」欄で「丹沢大山自然再生活動報告会申込み」をご選択ください。

申込先 丹沢大山自然再生委員会事務局 (神奈川県自然環境保全センター研究企画部自然再生企画課)
〒243-0121 神奈川県厚木市七沢 657  電話:046-248-0323  ファクシミリ:046-248-0737
参加費等 報告会参加費:無料  懇親会参加費:3,000 円程度
【問い合わせ】 丹沢大山自然再生委員会事務局 (神奈川県自然環境保全センター研究企画部自然再生企画課)
2019森の学校・冬の教室 生徒募集
イベント写真私たちの丹沢・森と生き物たち
〜生命のつながりについて考えよう〜
●日時/令和元年12月27日(金)〜29日(日)
●集合/小田急秦野駅南口 27日10:30
●解散/29日 15:00 予定
●宿泊/国民宿舎丹沢ホーム
●参加費/子ども18,000円 (2泊6食・貸切バス・保険料などを含みます)
 兄弟姉妹での参加は割引もあります。ご相談ください。
 ※おやつ等も用意します。集合場所までの往復交通費以外、お金は必要ありません。
●対象/小学生4年生〜中学1年生 30名先着(対象外の年齢の方はご相談ください)
●服装/山を歩ける服装や靴
●持ち物/お弁当(27日昼食)、飲み物(水筒)、雨具、軍手、筆記用具、リュックサック、着替え、タオル、洗面用品、その他必要と思うもの
【Day1】森を歩く。
    冬の登山道で動物の気配を感じよう。
【Day2】冬だから解る渓畔林の成り立ち。
    落ち葉で解る樹木の役割。熊糞から知る森の姿。
【Day3】県有林・札掛橋観察路の清掃。
    お昼はみんなで力を合わせてお餅つき。小さな鏡餅も出来るよ、お家へのお土産にしよう。
主催/NPO法人 丹沢自然保護協会
協力/公益財団法人神奈川県公園協会・神奈川県立札掛森の家
共催/丹沢大山自然再生委員会
【申し込み・問合せ】
NPO法人丹沢自然保護協会 中村道也 TEL:0463-75-3272(国民宿舎 丹沢ホーム) Eメール メール
11月19日<表丹沢>ヤビツ峠―門戸口―菩提峠―岳ノ台―ヤビツ峠 
確認日/令和元年11月19日(火)
コース/<表丹沢>ヤビツ峠―門戸口―菩提峠―岳ノ台―ヤビツ峠
天気/晴れ
気温/22℃:(11 時頃、菩提峠付近にて)

<自然情報>

・紅葉情報:見ごろの木もありましたが、大方の木が葉を落としていました。 展望の開けた場所から見た二ノ塔や大山も落葉した木が目立ちました。(写真1)(写真2)
写真
写真1 見ごろの木
写真
写真2 二ノ塔

<登山道情報>

・ヤビツ峠から門戸口までの区間は、台風19号の影響により、登山道の一部崩壊や倒木等があります。登山道入り口には、通行注意の看板が設置されています。この区間の通行は避けた方がよいでしょう。 (写真3)(写真4)
写真
写真3 通行止め
写真
写真4 一部崩壊
・ヤビツ峠と寺山富士見橋(護摩屋敷の水付近)の公衆便所は、停電のため使用出来ません。ヤビツ峠バス停広場には、仮設トイレが設置されています。(写真5) 写真
写真5 仮設トイレ

<見どころなど>

・岳ノ台山頂には、展望台があります。以前は周りの植林に展望が遮られていましたが、昨年度に山頂周辺で間伐が行われ、周囲の山並みを一望出来るようになりました。(写真6)(写真7)
・落葉樹が葉を落とすこれからの季節は、展望台から枝越しに富士山も望めます。(写真8)
・菩提峠の脇にすり鉢状の草地があります。ここには、50年以上前に1シーズンだけで閉鎖された、スキー場があったそうです。それにしては、ゲレンデとしての斜面が短すぎるように見えます。調べてみると、一部は埋め立てられて現在の広場になっているようで、当時はもう少し距離があったようです。(写真9)
写真
写真6 展望台`18年5月
写真
写真7 展望台
写真
写真8 富士山
写真
写真9 スキー場跡
<上記情報元>かながわパークレンジャー
11月13日<西丹沢>バン木ノ頭−畦ヶ丸−西丹沢ビジターセンター 
確認日/令和元年11月13日(水)
コース/<北丹沢>鳥井原園地―権現平―南山
天気/晴れ

<登山道情報>

・この日は前日の快晴から一転曇り空で、山頂付近はガスに覆われ展望が望めませんでした。(写真1)(写真2)
・畦ヶ丸山頂からは西沢沿いに西丹沢ビジターセンターに下るルートと大滝沢沿いに大滝橋に下るルートがあります。どちらも沢を徒渉する箇所があります。台風の影響により沢の流れが変わっている箇所も多く、危険個所もあるためどちらのルートを通る時も十分に注意する必要があります。(写真3)(写真4)(写真5)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4
写真
写真5

<自然情報>

・畦ヶ丸山頂付近や稜線上のブナなどは、ほぼ落葉していました。下層を構成しているカエデやツツジ類などについては見ごろを迎えていました。(写真6)(写真7)(写真8)
・標高の低い西沢沿いの紅葉はそろそろ見ごろを迎えそうです。色づいている木々も見られましたが、まだ青葉のものもありました。(写真9)(写真10)
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8
写真
写真9
写真
写真10
<上記情報元>かながわパークレンジャー
11月8日<西丹沢>寄大橋―林道秦野峠―ダルマ沢ノ頭―シダンゴ山 
確認日/令和元年11月8日(金)
コース/<西丹沢>寄大橋―林道秦野峠―ダルマ沢ノ頭―シダンゴ山
天気/晴れ

<見どころなど>

・シダンゴ山は、明るく開放的な山頂が人気の山です。数年前までは山頂から表丹沢の主だった山並みを見渡すことが出来ました。最近では成長した植林に遮られて展望の一部が見えなくなったことが少し残念です。 (写真1)(写真2)
写真
写真1 7年前・蛭ヶ岳と鍋割山と塔ノ岳
写真
写真2 現在の眺め
・シダンゴ山とダルマ沢ノ頭間で、林道を横切る箇所があります。この林道に少し入ると、展望が開けた所に出ます。ここからはシダンゴ山の山頂から見えにくくなった表尾根から塔ノ岳、そこから続く鍋割山稜を見渡すことが出来ます。空気の澄んだこれからの季節がおすすめです。(写真3) 写真
写真3 林道交点からの眺め

<自然情報>

・紅葉は標高 500 メートル付近から林道秦野峠にかけて、そろそろ見ごろのようでした。(写真4)
・ヒノキ林の中でホコリタケを見かけました。ホコリタケは傘の中央の穴から胞子を飛ばして繁殖します。指で軽く傘に触れてみると、穴から煙のように飛び出す胞子が見えました。(写真5)
写真
写真4 標高500m
写真
写真5 ホコリタケ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
11月2日<北丹沢>鳥井原園地―権現平―南山 
確認日/令和元年11月2日(土)
コース/<北丹沢>鳥井原園地―権現平―南山
天気/晴れ
温度/15℃ (12時頃:権現平にて)

<自然情報>

・今年の紅葉の進み具合は、平年より遅めのようです。南山山頂から見回すと、付近の山はまだ「色づき始め」でしたが、山頂周辺を覆うススキが、秋が深まってきていることを感じさせてくれました。(写真1)
写真
写真1 ススキ

<見どころなど>

・南山山頂からは、宮ヶ瀬ダムを眼下に見下ろせます。ダムはなみなみと湖水を湛えていました。ダムの管理者のお話では、この日の貯水率は96パーセントということでした。(写真2)
・3年前、南山山頂で山火事があり、北側の森林の一部が焼ける被害がありました。黒く焦げた焼け跡の周りは柵で囲まれ、今は背丈を超える程に草木が伸び、植生が回復していました。 (写真3)(写真4) ・確認した主な花 (写真5)(写真6)
写真
写真2 満水のダム
写真
写真3 焼けた南山山頂
写真
写真4 今の南山
写真
写真5 タイアザミ
写真
写真4 コウヤボウキ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月27日<表丹沢>阿夫利神社下社―蓑毛越―蓑毛
確認日/令和元年10月27日(日)
コース/<表丹沢>阿夫利神社下社―蓑毛越―蓑毛
天気/曇り

<登山道情報>

・江戸時代から栄えた大山詣りに利用されていた裏参道の一部で、伊豆や東海・甲信越地方などからの参拝者が利用したといわれています。阿夫利神社下社から蓑毛越えまでの間は、所々参道の名残となる石垣に沿って歩きます。
・10月終盤になりましたが、大山寺や阿夫利神社周辺ではやっと紅葉が色づきはじめて来たようです。(写真1)(写真2)
・これからは紅葉を楽しみに大山に登る方もいらっしゃるのではないでしょうか。台風通過後の状況ですが、大山では応急的な補修などにより公園歩道の多くは通行可能です。ただし、このコースでも所々に台風の影響が残っていました。十分注意して歩くようお願いいたします。 (写真3)(写真4)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月26日<陣馬相模湖>陣馬山への登山口周辺
確認日/令和元年10月26日(金)
コース/<陣馬相模湖>陣馬山への登山口周辺
天気/晴れ

<登山道情報>

・台風19号通過後の陣馬山への登山口を確認してきました。アプローチとなる車道や登山道の下部には荒れたところがあり、その後の雨の影響もあって、地盤がたいへん不安定な状態です。状況をよく見て安全を確認の上ご通行ください。(写真1)(写真2)(写真3)(写真4)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4

<自然情報>

・花の少ないこの季節を彩る明るい黄の花。漢字だと「薬師草」と書くようです。名前の由来にはかつて薬草として利用されたとか、葉の形が薬師如来の光背に似ているなどの諸説があるそうですが、いまひとつはっきりしません。(写真5)

<見どころなど>

・紅葉の状況
秋になってもなかなか気温が下がらず、10月に入って大型の台風に見舞われるという悪条件が重なり、紅葉は例年になく遅れていています。ようやく色づき始めたものの、全体的にくすんだ色合いで、紅葉する前に落葉してしまった木々も目立ちます。それでもけなげに葉を赤く染めている木もあります。 (写真6)
写真
写真5
写真
写真6
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月23日<表丹沢>二俣−後沢乗越−鍋割山
確認日/令和元年10月23日(水)
コース/<表丹沢>二俣−後沢乗越−鍋割山
天気/曇り

<登山道情報>

・台風19号の影響でアプローチの林道が崩落したり、沢筋では土砂が堆積して流路が変わっているところがあります。歩行は可能ですが、入山の際は十分注意してください。 危険を感じたら引き返す勇気が必要です。また入山前に登山口のビジターセンターなどで最新の情報を入手しましょう。 (写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2

<自然情報>

・秋になっても気温が高かったせいでしょうか、今年の紅葉はかなり遅れ気味で、鍋割山では 標高1,000メートル付近から上でようやく色づき始めたところです。(写真3)(写真4)
・山頂の南斜面一帯にはメギの赤い実が目につきます。 全身を鋭いトゲで武装しているため、「コトリトマラズ」という異名があります。 それほど珍しい木ではありませんが、鍋割山頂付近ではなぜかこの木が密生しており しかも年々領域を広げているのが不思議です。 (写真5)(写真6)
・季節の深まりとともに花の種類も少なくなってきました。鍋割山稜の秋の最後を彩るのが、リンドウやリュウノウギクの楚々とした姿です。 (写真7)(写真8)
写真
写真3
写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月16日<陣馬相模湖>和田バス停から一ノ尾尾根合流点
確認日/令和元年10月16日(水)
コース/<陣馬相模湖>和田バス停から一ノ尾尾根合流点
天気/曇り
温度/16℃(12 時頃、登山口付近にて)

<登山道情報>

・和田バス停から一ノ尾尾根を経て陣馬山へ登る登山道は2本あります。佐野川にそって車道を進むと最初の登山口があります。さらに10分程進むと2本目の登山口に出ます。
令和元年10月16日時点、台風19号の影響で2本目の登山口は、土砂や流木に塞がれて入ることが出来ない状態でした。(写真1)(写真2)
・最初の登山口からは一ノ尾尾根に出ることが出来ましたが、登山道は雨に洗われて滑りやすい所が多いので注意して歩きましょう。(写真3)

<自然情報>

・紅葉情報
和田の集落周辺は色づき始めていました。(写真4)
写真
写真1 台風後の登山口
写真
写真2 台風前の登山口
写真
写真3 バス停寄りの登山口
写真
写真4 色づき始め
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月9日<西丹沢>つつじ新道展望園地―檜洞丸―犬越路
確認日/令和元年10月9日(水)
コース/<西丹沢>つつじ新道展望園地―檜洞丸―犬越路
天気/曇り
温度/ 14℃(13 時頃、檜洞丸山頂にて)
・台風19号の影響で丹沢方面でも大きな被害が出ているようです。今回の情報はそれ以前のものであることを御了承ください。
・令和元年10月17日現在、県道76号線に一部通行止め区間があり、そのため富士急湘南バスの西丹沢ビジターセンター方面への運行にも影響がでているようです。 詳しくは関係機関に確認してください。

<自然情報>

・紅葉は、標高約1400メートル付近から「そろそろ見ごろ」でした。シロヤシオは、「見ごろ」の株が多くみられました。 (写真1)(写真2)
・確認した主な花 (写真3)(写真4)(写真5)(写真6)(写真7)(写真8)
写真
写真1 山頂付近
写真
写真2 石棚山稜分岐付近
写真
写真3 ホトトギス
写真
写真4 ヤマトリカブト
写真
写真5 リンドウ
写真
写真6 イワシャジン
写真
写真7 アキノキリンソウ
写真
写真8 ダイモンジソウ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月5日<北丹沢>大川原−伏馬田−西野々
確認日/令和元年10月5日(土)
コース/<北丹沢>大川原−伏馬田−西野々
天気/晴れ

<登山道情報>

・なだらかな林道や登山道をのんびり歩くことができるコースです。(写真1)
・途中、天神峠から菅井の間には倒木があり、処理に時間がかかっている状態です。通行の際には十分に注意をお願い致します。(写真2)
写真
写真1
写真
写真2

<自然情報>

・今の時期、草むらを歩くとズボンなどにいろんな草の実がくっついてきます。この植物はよくひっつき虫と言われています。このような植物は、動物に種子を着けることで遠くに運んでもらい分布域を広げています。
・この写真はキンミズヒキです。種子にはかぎ状の突起が縁を取り巻いており、この部分を衣服や動物にひっかけてくっつきます。(写真3)(写真4)
・ヌスビトハギは、サヤ全体にかぎ状の毛が密生しており、マジックテープの様に張り付きます。(写真5)(写真6)
・その他にもチヂミザサは穂先の毛からネバネバした粘液を出してくっつきます。このようにひっつき虫は様々な方法でくっついてきます。身近な道端にも生育している種類もあるので、くっつく方法などを観察すると面白いかもしれません。
写真
写真3
写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
<上記情報元>かながわパークレンジャー
登山環境意識調査実施中!
イベント 丹沢大山地域への入山、登山にかかわる利用の実態、目的、自然環境保全意識などの把握を目的とするアンケート調査です。(回答は匿名で集計されます)
※この調査は、登山などで丹沢大山地域を訪れている皆さまを対象として想定しています。ご自宅等から回答いただく場合は、丹沢大山地域を訪れた際の「思い出」などからご回答ください。
回答フォームはこちらから
●実施期間/令和元年6月〜11月まで(予定)
●実施主体/丹沢大山ボランティアネットワーク
●協力/丹沢の緑を育む集い実行委員会・神奈川県自然環境保全センター自然保護課

このページの先頭へ戻る