HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

2018 年度丹沢大山自然再生活動報告会のご案内【終了しました】
イベント

趣旨

丹沢大山における自然再生の取組み等について、研究活動や再生活動等の報告、意見交換を行い、 夫々の自然再生のための、研究及び再生活動の取組みがより拡大、連携し、一層推進することを目 的とする。特に平成30年度は、昨年度の人材育成のテーマを継続し、丹沢再生の多分野での大学等 での若手の研究者や多様な市民活動の担い手の参集を得て進め、将来的に丹沢大山自然再生の研 究・活動の広範囲のフォーラム的場として発展していくことを目的とする。

日時

平成30年12月15日(土)12:00〜17:00

会場

日本大学生物資源科学部1号館、2 号館 藤沢市亀井野 1866(小田急江ノ島線六会日大前駅徒歩3分)
イベント

参加申込

申込締切 平成30年12月15日(土)
申込方法 次のいずれかの方法で申し込んでください。
(1)参加申込書により、電子メールまたはファクシミリにより送付してください。(郵送も可)

参加申し込み書PDFメールフォーム 参加申込書Wordメールフォーム
(2)丹沢大山自然再生委員会ホームページお問い合わせフォーム メールフォーム
「ご用件種別」欄で「丹沢大山自然再生活動報告会申込み」をご選択ください。

申込先 丹沢大山自然再生委員会事務局 (神奈川県自然環境保全センター研究企画部自然再生企画課)
〒243-0121 神奈川県厚木市七沢 657  電話:046-248-0323  ファクシミリ:046-248-0737
参加費等 報告会参加費:無料  懇親会参加費:3,000 円程度

時間割

11:30〜 受付開始
12:00〜12:10 開会とあいさつ
12:10〜12:50 基調講演
「丹沢山地のブナ林の衰退と再生に関する一連の研究」
田村 淳(神奈川県自然環境保全センター研究企画部研究連携課主任研究員)
イベント ◇基調講演者のご紹介◇
神奈川県自然環境保全センター 研究連携課 田村淳主任研究員
 平成30年 日本森林学会賞受賞 「丹沢山地のブナ林の衰退と再生に関する一連の研究」

イベント
この報告は神奈川県自然環境保全センターの田村主任研究員が、県職員として初めて日本森林学会賞を受賞されたもので、これまで長年に渡り進めてきた『ブナ林の再生』と『土壌保全対策』、『シカ管理』といった一連の丹沢の自然再生事業の取組に関しての現時点での成果を学術的な側面からまとめた内容になっています。
13:00〜16:20 研究・実践活動報告とポスターセッション(集中セッションは 14:20〜15:00)
「生き物再生」「水・土再生」「地域再生」の 3 テーマ
16:30〜17:00 研究・実践活動報告の総括等
17:30〜19:00 懇親会

研究・実践活動報告

テーマ「生き物再生」

座長:勝山輝男部会長(神奈川県立生命の星・地球博物館学芸員) 秋山幸也委員(相模原市立博物館学芸員)
会場:1号館4階 144講義室
番号 時間 発表題目 発表者氏名 所属
13:00〜13:20 シカ柵の条件の違いが昆虫相の回復状況に与える影響の検討 小池伸介 東京農工大学農学研究院自然環境保全学部門准教授
13:20〜13:40 ニホンジカ保護管理事業について 谷川潔 神奈川県自然環境保全センター野生生物課長
13:40〜14:00 ブナハバチ及びサクラスガによる幼虫食餌植物への食害記録 伴野英雄 桜美林大学自然科学系教授
(共同研究者)
東海大学現代教養センター 教授 谷 晋
14:00〜14:20 丹沢ツキノワグマ研究会 活動報告 長縄今日子 丹沢ツキノワグマ研究会 代表
ポスター集中セッション(14:20-15:00)
15:00〜15:20 ヤマメ産卵場造成とホトケドジョウの遺伝的構造の解明 金子裕昭 NPO法人神奈川ウォーターネットワーク 神奈川工科大学大学院工学 研究科
15:20〜15:40 残そう!カジカの棲む清流と現風景 氏田章治 NPO法人四十八瀬川自然村 副代表
15:40〜16:00 神奈川県植物誌 2018 と丹沢の植物相変化 勝山輝男 神奈川県植物誌調査会 (神奈川県立生命の星・地球博物館)
16:00〜16:20 人工林を利用する鳥たち 遠藤幸子 神奈川県自然環境保全セン ター研究連携課特別研究員

テーマ「水・土再生」

座長:鈴木雅一委員(東京大学名誉教授)
会場:1号館4階 148講義室
番号 時間 発表題目 発表者氏名 所属
13:00〜13:20 水源環境の保全・再生対策と森林の水源かん養機能評価 内山佳美 神奈川県自然環境保全センター研究連携課主任研究員
13:20〜13:40 水源林における水質形成機能を損なわない森林施業 戸田浩人 東京農工大学大学院農学研究院教授
13:40〜14:00 自然再生に向けた実態把握と対策効果予測のための水循環情報プラットフォーム 田原康博 株式会社地圏環境テクノロジー代表取締役社長
14:00〜14:20 秦野名水の保全と利活用―秦野市地下水総合保全管理計画― 谷芳生 秦野市環境産業部環境保全課長
ポスター集中セッション(14:20-15:00)
15:00〜15:20 「サントリー天然水の森 丹沢」自然再生プロジェクト 松倉隆 サントリーホールディングス株式会社コーポレートサステナビリティ推進本部 課長代理
15:20〜15:40 北丹沢の登山口 神ノ川のトイレ 和泉悟
田村明雄
NPO法人 北丹沢山岳センター
15:40〜16:00 生態系を基盤とした防災・減災( Ecosystem-based disaster risk reduction;Eco-DRR) 山田由美 慶應義塾大学政策・メディア研究科特任研究員
16:00〜16:20 間伐材の土留め柵への利用のサイズとコストの妥当性の検討 園原和夏 日本大学生物資源科学部 森林資源科学科専任講師

テーマ「地域再生」

座長:糸長浩司部会長(日本大学生物資源科学部特任教授) 藤沢直樹(日本大学生物資源科学部専任講師)
会場:1号館4階 149講義室
番号 時間 発表題目 発表者氏名 所属
13:00〜13:20 狩猟や捕獲の現場から考えるジビエ 三谷奈保 日本大学生物資源科学部 生物環境工学科専任講師
13:20〜13:40 伊勢原市における地域ぐるみの鳥獣被害対 神戸泰明 伊勢原市経済環境部農業振興課鳥獣・営農係長
13:40〜14:00 かながわ鳥獣被害対策支援センターの活動報告 坂口裕佳 神奈川県自然環境保全課平塚駐在事務所(かながわ鳥獣被害対策支援センター)
14:00〜14:20 地元の水源林で学ぶ森林・林業 井出恒夫 NPO法人かながわ森林インストラクターの会
ポスター集中セッション(14:20-15:00)
15:00〜15:20 NPOによる農地・山林の管理に対する所有者の意識と評価 ―NPO法人四十八瀬川自然村の活動を事例としてー 藤沢直樹 日本大学生物資源科学部 生物環境工学科専任講師
(共同研究者)
日本大学生物資源科学部特任教授 糸長浩司
15:20〜15:40 小学校・大学・NPO協働でチャレンジエコツーリズムで上秦野を元気に! −取組みその1野生動物調査隊ー 山口風子 NPO法人丹沢自然学校
15:40〜16:00 小学校・大学・NPO協働でチャレンジエコツーリズムで上秦野を元気に! −取組みその2小学校・大学・NPO協働で上秦野エコツアーー 桑原春佳 文教大学国際観光学科 海津ゼミナール

ポスターセッション発表プログラム

時間:12:00−15:00(集中セッション 14:20−15:00)
会場:1号館4階 ホール
番号 発表題目 発表者氏名 所属
丹沢のビジターセンター活動紹介 〜環境教育と安全登山の普及〜 藤田和宏
長澤展子
公益財団法人 神奈川県公園協会
「水・土再生」植生回復 久保田修映
白井良長
公益財団法人 神奈川県猟友会
檜洞丸での定点撮影調査から見た植生の変化 五十嵐聡 NPO法人 丹沢自然学校
秦野名水 野呂大介
武尾一興
秦野市環境産業部環境保全課
シカとマダニの宿主寄生体関係の解明に向けた研究 土井寛大 日本獣医生命科学大学獣医学科
生業・生活・文化が創りだす青根の生物多様性 西岡良晃
吉永樹喜
三橋晴香
あざおね社中(麻布大学)
丹沢山地景観の今昔 関東大震災で発生した丹沢山地の斜面崩壊- 鈴木雅一 元東京大学
神奈川県県西地域県政総合センター 森林部
丹沢大山ボランティアネットワークのご案内
野生動物とのよりよい共存
小林昭五
遠藤順一
丹沢大山ボランティアネットワーク
特定非営利活動法人 野生動物救護の会
かながわ水源環境保全・再生の取組み 県職員 神奈川県水源環境保全課
10 かながわの木を使って森林の手入れを進めよう! 県職員 神奈川県森林再生課
11 丹沢大山自然再生の取組み 県職員 神奈川県自然環境保全センター
県民参加の森林づくり参加者募集【終了しました】
イベント 日時/平成30年12月15日(土) 小雨決行 荒天延期
※実施の有無については、前日(12/14)の午後18時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
集合/小田急線 秦野駅南口 8:30 専用バスで現地に移動します。
日程/午前は枝打作業。昼食後、バスで駅まで戻り解散。
内容/除伐
定員/事前申込制 100名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方(目安は中学生以上)
場所/秦野市曽屋(弘法山公園)
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
解散/15:00〜 昼食後解散
予備日/なし
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/秦野市
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
持ち物/・季節に関わらず長袖、長ズボン(動きやすく体温調節しやすい服装)
・靴はトレッキングシューズや安全靴が最適(履きなれた靴でも可)
・皮手袋や滑り止め付き軍手
・手ぬぐいやタオル2枚
・弁当、飲物(夏季は最低でも1リットル準備)
・雨合羽、敷物、常備薬など
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病、熱中症、熱射病は対象外。
作業道具/作業当日に事務局が用意します。ヘルメット、ノコギリ、鎌(機械は使用しません)
欠席連絡/平日8:30〜17:15までにご連絡ください。当日のキャンセルについては連絡体制は取っておりません。集合時間までに来られない方は欠席とさせていただきます。(遅れないようにお集まりください)

【申込み・問合せ】
@参加希望日と行事名 A代表者氏名・住所・電話番号 B会員の方は会員番号 C森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 Dメール申込みの方はメールアドレス E同伴者氏名 を記入してイベント申込み/メール/FAX/はがき/電話にてお申込みください。
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
 イベント申込フォームはこちら
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。

このページの先頭へ戻る