HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

第22回 みろく登山スクール
イベントこれから山登りを始めたいと考えている方、どんな服装で、何を用意したらよいか?若いころ山歩きしていたが再開したい方、いろいろ分からないことがあると思います。このような方を対象に、安全な山登りを楽しんでいただくための講習会を開催します。
●日時/机上学習 令和2年3月28日(土)13時〜17時 12時開場
@ 山の歩き方・服装と装備
A 山のトラブル対応
B 地図の読み方とコンパスの使い方
    実技学習 令和2年4月4日(土)8時〜16時 ※雨天の場合4月5日(日)に延期します。
陣馬山周辺を登りながら実施学習します。
●場所/机上学習:横浜市市民活動支援センター4階(住所:横浜市中区桜木町1-1-56)
     実技学習:奥高尾・陣馬山周辺
●定員/30名
●参加費/1,000円(受講時に納入)
●机上学習の持参品/@筆記用具 A地図読み講義時に使用用具(お持ちの方は持参してください)シルバコンパス、分度器、30pモノサシ、蛍光ペン2色
●実技学習時の服装・履物/@服装は、綿のものではなく、ポリエステルなどの化繊のものを用意してください。 A靴は登山靴を用意してください。※不明な方は問合せください。机上学習時にも説明します。

主催/NPO法人みろく山の会
後援/横浜市市民局・丹沢大山自然自然再生委員会
【申込み・問合せ】
「登山スクール申込書」に、氏名(フリガナ)・年齢・性別・住所・電話番号・メールアドレス他を明記の上、郵送またはFAXにて下記までお申し込みください。
〒220-0041 横浜市西区戸部本町51-13 松村興産ビル2階 NPO法人 みろく山の会 事務局
TEL:045-317-2369   FAX:045‐317-2365
  ※3月24日(火)締切。定員になり次第、締め切らせていただきます。
登山スクールの案内
登山スクール申込
2020 森の学校・春の教室 生徒募集
イベント写真 〜生命のつながりについて考えよう〜
●日時/令和2年3月28日(土)〜30日(月)
●集合/小田急秦野駅南口 8:50
●解散/30日 16:00 予定
●宿泊/国民宿舎丹沢ホーム
●参加費/子ども18,000円 (2泊6食・貸切バス・保険料などを含みます)
 兄弟姉妹での参加は割引もあります。ご相談ください。
 ※おやつ等も用意します。集合場所までの往復交通費以外、お金は必要ありません。
●対象/小学生4年生〜中学1年生 30名先着(対象外の年齢の方はご相談ください)
●服装/山を歩ける服装や靴
●持ち物/お弁当(28日昼食)、飲み物(水筒)、雨具、軍手、筆記用具、着替え、洗面用品、その他必要と思うもの
【Day1】大山登山―北尾根下山(予定)
    イタツミ尾根を登り、ブナやミズナラの北尾根から札掛へ降ります。大山は都会の駅のような喧噪さですが北尾根は静かです。
【Day2】川の魚から森を知る。
    毛鉤で魚釣りに挑戦。沢の水から森と生き物…命の繋がりを考えよう。
【Day3】堺沢林道で春探し。
    葉っぱのスタンプで、2020春の作品づくり♪「生きもの観察Map」を作成しよう。
主催/NPO法人 丹沢自然保護協会
協力/公益財団法人神奈川県公園協会・神奈川県立札掛森の家
共催/丹沢大山自然再生委員会
【申し込み・問合せ】
NPO法人丹沢自然保護協会 中村道也 TEL:0463-75-3272(国民宿舎 丹沢ホーム) Eメール メール
企画展 丹沢 みどころ紹介〜スタッフ山行の記録から〜
イベント写真四季折々の丹沢の自然の様子をのぞいてみませんか?山行で出会った山の風景や生きものなどをご紹介します。
●展示期間/令和2年2月22日(土)〜5月10日(日)
●開館時間/9:00〜16:30
●場所/秦野ビジターセンター 入館無料
主催/公益財団法人 神奈川県公園協会
場所/神奈川県立秦野ビジターセンター
 〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下1513(県立秦野戸川公園パークセンター内)
 TEL:0463-87-9300
 企画展について詳しくはこちら。
3月2日3日<表丹沢>塔ノ岳(表尾根・大倉尾根)【ヘリ運搬作業】 
確認日/令和2年3月2日(月)・3日(火)
コース/<表丹沢>塔ノ岳(表尾根・大倉尾根)【ヘリ運搬作業】

<県民協同型登山道維持管理補修ヘリ運搬作業>

・神奈川県は登山道の補修整備に関して、みろく山の会や自然公園指導員連絡会等の団体との間で協定を結んでいます。各団体はそれぞれ担当する区間が決まっています。パークレンジャー2 名は、その補修整備に使う資材のヘリコプターでの空輸作業の手伝をしました。

<3月2日>

・ヘリポートとして利用した戸沢で、モッコで資材を包みます。モッコとはヘリコプターで空輸するときに使う大きなネットのことです。 (写真1)(写真2)
・詰め終わったモッコの重さを、大きな秤で計量します。今回利用するヘリコプターは、最大で800キロまで運べるそうです。モッコは全部で 9 枚作りました。 (写真3)(写真4)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4

<3月3日>

・ヘリコプターが低空で荷物を下ろすとき風速30から40メートルの吹き下ろし気流が発生します。空輸地ではブルーシートを敷いて上空から見えるように目印にしますが、強風に飛ばされないようにしっかり固定します。(写真5)
・登山者には荷下ろしの間通行をお待ちいだだくことになるので、案内の掲示や係員を配置します。(写真6)(写真7)
・ヘリコプターが資材を運んで来ました。(写真8)(写真9)
・荷下ろしの合図を送るシグナルマンは、目立つように蛍光色系の服を着て作業します。(写真10)(写真11)
・降ろしたモッコを開いて、中の資材を片付けます。これでモッコ 3 枚分です。(写真12)(写真13)
・使い終わったモッコは作業員が担いで下ろします。
・モッコ1枚は乾燥していれば20キロ程度の重さですが、前日、作業の時に雨が降っていたので雨水を吸い込んで重くなり、他の荷物と合わせると30キロ以上はあったと思います。(写真14)
・塔ノ岳の大倉尾根と表尾根に合計モッコ5枚を空輸しました。大山にもモッコ3枚分の資材を空輸する予定でしたが、充分な視界が得られなかったので後日延期になりました。
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8
写真
写真9
写真
写真10
写真
写真11
写真
写真12
写真
写真13
写真
写真14
<上記情報元>かながわパークレンジャー
2月23日<北丹沢>鳥居原園地-南山 
確認日/令和2年2月23日(日・祝)
コース/<北丹沢>鳥居原園地-南山

<「登山道補修隊」の活動を行いました>

・神奈川県自然公園指導員11名とパークレンジャー等スタッフ3名の計14名で、登山道の補修作業を行いました。(写真1)
・今回の作業は南山のヤマビル対策として落ち葉かきを行いました。落ち葉かきを行うことで地表面を乾燥させ生息しにくい環境を作ります。(写真左:作業前、右:作業後)(写真2・3)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
・地表面が露出しすぎると洗堀の原因となるので、落ち葉を掻きすぎないように丁寧に作業します。この日は風が強く少し掻いただけで遠くまで落ち葉が飛んでいきました。この日は権現平から鳥井原園地まで十分に作業することができました。(写真4・5・6) 写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
<上記情報元>かながわパークレンジャー
2月15日<東丹沢>谷太郎林道終点−不動尻 
確認日/令和2年2月15日(土)
コース/<東丹沢>谷太郎林道終点−不動尻
天気/曇り
気温/14℃(10 時30分頃、不動尻付近にて)

<自然情報>

・不動尻周辺は春先になるとミツマタの黄色で彩られます。巡視時点ではまだ固い蕾でしたが、 今から満開になるのが楽しみです。(写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2

<登山道情報>

・谷太郎周辺はまだ台風19号の影響が所々にみられるため、このコースから三峰方面や大山方面に登られる方は十分に注意しましょう。(写真3)(写真4)(写真5)(写真6)
写真
写真3
写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
・数ヶ所渡渉が必要な場所があります。特にこの周辺の川の中の石は滑りやすいので渡渉の際には気を付けてください。(写真7) 写真
写真7
<上記情報元>かながわパークレンジャー
2月15日<東丹沢>宮ヶ瀬園地バーベキュー広場―春ノ木丸―宮ヶ瀬園地ミーヤ館前 
確認日/令和2年2月15日(土)
コース/<東丹沢>宮ヶ瀬園地バーベキュー広場―春ノ木丸―宮ヶ瀬園地ミーヤ館前
天気/曇り
気温/13℃(13時頃:春ノ木丸中腹にて)

<登山道情報>

・春ノ木丸は宮ヶ瀬園地を起点に、1時間半程度で周回出来るコースです。南側の登山口はバス停奥の駐車場脇とバーベキュー広場脇の2ヶ所に入り口がありますが、すぐに合流します。北側の登山口は、ミーヤ館向かいの廃業したガソリンスタンドの脇にあります。

<自然情報>

・宮ヶ瀬園地は日本一高いクリスマスツリーで有名な所ですが、登山道でもモミの巨木に出会えるのが魅力のコースです(写真1)
・モミの木が1本10メートル位の高さで折れていました。場所は登山道の下を通る県道のトンネルの上で、折れた幹が道路に落ちなくて幸いでした。(写真2)(写真3)
・折れたモミの直径を測ると、90センチ位ありました。ここまで成長する年月を思うと寂しい気持ちになります。(写真4)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4

<自然情報>

・シキミの花が咲き始めていました。(写真5)
写真
写真5
<上記情報元>かながわパークレンジャー
2月8日<西丹沢>浅瀬入口バス停―権現山 
確認日/令和2年2月8日(土)
コース/<西丹沢>浅瀬入口バス停―権現山
天気/晴れ
気温/12℃(12時頃:標高750m付近にて)

<自然情報>

・ミツマタのつぼみが膨らんでいました。日当たりの良い場所では、黄色い花が咲き始めている株もありました。(写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2

<登山道情報>

・今回のコースは踏み跡が不明瞭な個所が所々にあり、地図読みの出来る経験者向けです。安易にミツマタで有名な山だから登るというのは避けましょう。昨年の台風 19 号の被害は西丹沢方面では甚大で、交通機関にも影響がでました。その後は登山者も少ないようで、例年以上に経路が分かりづらくなっていました。(写真3)(写真4)
写真
写真3
写真
写真4
・細川橋バス停〜二本杉峠の間が、台風被害により通行止めになっています。当面の間、山頂を往復することになりますが、下山時は特に経路を見失わないように注意しましょう。(写真5)(写真6)
写真
写真5
写真
写真6
・途中に森林整備や発電施設の経路との分岐がいくつかあります。迷いこまないように注意しましょう。目印のようなものがあっても、必ずしもそれが登山道を示すものとは限りません。(写真7)(写真8)
写真
写真7
写真
写真8

<見どころなど>

・台風の後、長い間丹沢湖は土砂で濁った色をしていましたが、きれいなエメラルド色に変わっていました。(写真9)(写真10)
写真
写真9
写真
写真10
<上記情報元>かながわパークレンジャー

このページの先頭へ戻る