HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

県民参加の森林づくり参加者募集 
☆渋沢丘陵の一角、頭高山からは表丹沢が望めます
はじめて参加される方は「森林づくり活動参加にあたって」をよくご確認ください。
植栽作業です。
日時/令和3年11月28日(日) 雨天時は予備日がない場合は中止。
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
イベント 予備日/ありません
日程/午前は除伐作業。昼食後、バスで秦野駅まで戻り解散。
定員/事前申込制 50名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方
場所/秦野市千村(頭高山)
集合/8:30 小田急線 秦野駅南口 専用バスで現地へ移動します。
解散/14:00 秦野駅
駐車場/自家用駐車場はありません
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/秦野市
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病は対象外。
作業道具/ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐桑等を財団で用意します。(機械は使用しません)
欠席連絡/申込みを取り消す場合は、事前にご連絡ください。
当日の急な体調不良等による欠席の場合、無理せずそのままお休みください。
集合時間までに来られない方は欠席とします。(遅れないようにお集まりください)

【申込み・問合せ】
「参加申し込みはこちら(※注)」からのイベント申込フォームに入力か電話または、1〜6を記入のうえ、メール/FAX/はがきにてお申込みください。
1-参加希望日とイベント名 2-代表者氏名・住所・電話番号 3-森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 4-会員の方は会員番号 5-メール申込みの方はメールアドレス 6-同伴者氏名 
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(※注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
県民参加の森林づくり参加者募集 
☆源泉かけ流しの温泉で汗を流せます。
☆箱根仙石原浄水センター駐車場から30分程度徒歩で移動します。ウォーキングをお楽しみください。

はじめて参加される方は「森林づくり活動参加にあたって」をよくご確認ください。
植栽作業です。
日時/令和3年11月20日(土) 雨天時は予備日がある場合は延期、予備日も雨天の場合は中止。
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
イベント 予備日/令和3年11月21日(日)
日程/午前は植栽作業。昼食後、箱根高原ホテルさんのご厚意により温泉で汗を流してから、バスで小田原駅まで戻り解散。 (箱根町仙石原浄水センター駐車場解散は13時30分)
定員/事前申込制 100名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方
場所/箱根町仙石原(町有林)
集合/8:30 JR東海道線・小田急線 小田原駅西口 専用バスで現地へ移動し、30分程度歩きます。
    または 9:30 箱根町仙石原浄水センター駐車場 30分程度歩きます。
解散/15:00 小田原駅
駐車場/箱根町仙石原浄水センター駐車場
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/箱根町
協力/箱根高原ホテル
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病は対象外。
作業道具/ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐桑等を財団で用意します。(機械は使用しません)
欠席連絡/申込みを取り消す場合は、事前にご連絡ください。
当日の急な体調不良等による欠席の場合、無理せずそのままお休みください。
集合時間までに来られない方は欠席とします。(遅れないようにお集まりください)

【申込み・問合せ】
「参加申し込みはこちら(※注)」からのイベント申込フォームに入力か電話または、1〜6を記入のうえ、メール/FAX/はがきにてお申込みください。
1-参加希望日とイベント名 2-代表者氏名・住所・電話番号 3-森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 4-会員の方は会員番号 5-メール申込みの方はメールアドレス 6-同伴者氏名 
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(※注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
県民参加の森林づくり参加者募集 
☆昼食後ボランティア発表会を開催します。
☆県立茅ヶ崎里山公園をたっぷりお楽しみください。
はじめて参加される方は「森林づくり活動参加にあたって」をよくご確認ください。
除伐作業です。
日時/令和3年11月10日(水) 雨天時は予備日がある場合は延期、予備日も雨天の場合は中止。
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
イベント 予備日/令和3年11月11日(木)
日程/午前は除伐作業。昼食後、ボランティア発表会後、県立茅ヶ崎里山公園解散。
定員/事前申込制 100名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方
場所/茅ヶ崎市芹沢(県立茅ヶ崎里山公園)
交通/小田急線・相鉄線・横浜市営地下鉄湘南台駅西口から「湘17系統文教大行き」
【芹沢入口】下車徒歩5分
JR東海道線・相模線茅ヶ崎駅北口から「茅50系統文教大行き」
【芹沢入口】下車徒歩5分
集合/9:00 県立茅ヶ崎里山公園パークセンター前
解散/15:00 県立茅ヶ崎里山公園
駐車場/県立茅ヶ崎里山公園西駐車場
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/公益財団法人神奈川県公園協会
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病は対象外。
作業道具/ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐桑等を財団で用意します。(機械は使用しません)
欠席連絡/申込みを取り消す場合は、事前にご連絡ください。
当日の急な体調不良等による欠席の場合、無理せずそのままお休みください。
集合時間までに来られない方は欠席とします。(遅れないようにお集まりください)

【申込み・問合せ】
「参加申し込みはこちら(※注)」からのイベント申込フォームに入力か電話または、1〜6を記入のうえ、メール/FAX/はがきにてお申込みください。
1-参加希望日とイベント名 2-代表者氏名・住所・電話番号 3-森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 4-会員の方は会員番号 5-メール申込みの方はメールアドレス 6-同伴者氏名 
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(※注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
9月28日<西丹沢方面>西丹沢ビジターセンター ー つつじ新道展望園地 
確認日/令和3年9月28日(火)
コース/<西丹沢方面>西丹沢ビジターセンター ー つつじ新道展望園地
天気/晴れ
気温/21℃(12時半頃、ゴーラ沢出合にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・8月の豪雨で、ゴーラ沢の少し手前で登山道の崩落がありました。指導標も土砂と共に流されてしまい、規模の大きい崩落となりました。 崩落個所にはロープが設置してありますが、通行には十分な注意が必要です。(写真1)(写真2)(写真3,4 崩落個所はロープとピンクテープを目印に慎重に通行して下さい。)
写真
写真1 消失した指導標
写真
写真2 崩落個所の様子
写真
写真3
写真
写真4

<自然情報>

・登山道沿いに秋の花が目立つようになりました。(写真5)(写真6)(写真7)
・ 西丹沢までの移動途中には、少しだけ雪をかぶった富士山が見えましたが、展望園地につく頃には雲の中に隠れてしまいました。展望園地の周囲の木は一部色づき始めていました。(写真8)
写真
写真5 イワシャジン
写真
写真6 アキノキリンソウ
写真
写真7 シロヨメナ
写真
写真8
写真
写真9
・水切りの掘削をしていると、水切りの上にテンのフンを見つけました。フンの色や種からサルナシ(キウイフルーツの原種)やアケビを食べたと推測されます。食欲の秋、動物達も森の実りを堪能しているようです。(写真9)
・かくれんぼ上手な生き物を見つけました。どちらも、落ち葉や石の色によく溶け込んでいる為、じっとしているとなかなか見つけられません。 (写真10)(写真11)(写真12)(写真13)
写真
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月23日<東丹沢方面>御門橋−むじな坂峠−順礼峠−七沢温泉入口−自然環境保全センター 
確認日/令和3年9月23日(木)
コース/<東丹沢方面>御門橋−むじな坂峠−順礼峠−七沢温泉入口−自然環境保全センター
天気/晴れ
気温/28℃(13時頃、順礼峠付近にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・関東ふれあいの道の一部である貉坂峠から順礼峠は、日向薬師・大山に繋がっていく古道です。広葉樹林や針葉樹の人工林など林の様子や下層植生の変化を楽しむことができます。(写真1 針葉樹人工林)(写真2 広葉樹林) (写真1-2 林くらべの看板)
写真
写真1-2 林くらべの看板
写真
写真1 針葉樹人工林
写真
写真2 広葉樹林
・標高差も少なく、木々の合間から大山方面の山々や東京方面の展望も楽しむことができます。各峠にはベンチも設置されているので散策路としても最適ですが、一部急な斜面や滑りやすい土壌の場所もあるため注意が必要です。(写真3)(写真4)
・順礼峠の入口から日向薬師までの接続ルートは七沢の集落の中を通ります。森林内とは違い日陰の少ない舗装された道路を歩くため、暑い時期は熱中症対策が十分に必要です。
写真
写真3 物見峠
写真
写真4 物見峠からの展望

<自然情報>

・この日は前日の夜降った雨の影響もあり、御門橋から白山までの斜面はヤマビルが多くみられました。御門橋の登山道入口にはヒル除けの塩などが置いてあります。ここでヒル対策の最終確認をしてから登るのをお勧めします。(写真5)(写真6)
写真
写真5 待機中のヤマビル
写真
写真6 御門橋登山口にあるヤマビル対策用の箱
写真
写真7
・秋はスズメバチの活動が活発になる季節でもあります。この日もキクイムシが開けた孔から出ている樹液に集まっていました。ハチは樹液に夢中で威嚇行動はありませんでしたが、近くを通るときは刺激しないよう注意しましょう。ナラ枯れ等によって樹液が出ている木も増えている可能性があるため、注意が必要です。(写真7)
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月15日<表丹沢方面>小草平〜塔ノ岳 
確認日/令和3年9月15日(水)
コース/<表丹沢方面>小草平〜塔ノ岳
天気/晴れ
気温/23℃(12時頃、塔ノ岳山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<見どころなど>

・花立付近まで来ると展望が開けてきます。見渡すと木々はうっすらと色づき始めていました。(写真1、2 花立付近からの眺め)
・少し雲がかかっていましたが、それでも塔ノ岳山頂からの眺めは雄大でした。(写真3)(写真4)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3 鍋割山陵方面
写真
写真4 蛭ヶ岳・不動ノ峰方面

<登山道情報>

・階段工に沿って脇道が出来ている所がありました。はっきりと踏み跡が付いていると、そこが歩いて良い所だと誤解される登山者の方もいるようです。植生の保護と土壌侵食を防ぐため、登山道を外れて歩かないようにお願いします。(写真5)
・山頂付近では構造階段が続きます。これを設置することによって、植生や土壌の保全に効果が期待できます。10年前の8月に撮影した写真と比較すると回復の様子がうかがえます。(写真6)(写真7)
・登山者の通行時の振動や木材の乾燥などで、構造階段のナットが緩んだりします。パークレンジャーは巡視時には点検をして、著しく緩んでいる時は締め直しをしています。(写真8)(写真9)
・花立山荘の脇や塔ノ岳山頂には公衆便所があります。山岳地帯にあると平地と比べて維持管理が難しく費用もかかります。使用した紙の持ち帰りとチップの支払いの協力をお願いします。(写真10)
写真
写真5
写真
写真6 現在の様子
写真
写真7 10年前の8月の様子
写真
写真8 現在の様子
写真
写真9
写真
写真10 花立山荘脇の公衆便所

<自然情報>

・咲いていた主な花等です。(写真11 ホトトギス)(写真12 タイアザミ) (写真13 マルバダケブキ)(写真14 マムシグサの仲間の実)
写真
写真11 ホトトギス
写真
写真12 タイアザミ
写真
写真13 マルバダケブキ
写真
写真14 マムシグサの仲間の実
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月14日<表丹沢方面>ヤビツ峠−大山 
確認日/令和3年9月14日(火)
コース/<表丹沢方面>ヤビツ峠−大山
天気/曇り一時小雨
気温/19℃(12時頃、大山山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山情報・見どころなど>

・9月に入り急に涼しくなりましたが、まだまだ日によって気温の変化が大きい季節です。この日は山頂で休憩していると肌寒いくらいでした。脱ぎ着できる服装で体温調整をしましょう。
・ヤビツ峠から大山周辺では、一部の木々が色づき始めました。特にマメザクラの黄葉が目立ちました。(写真1、2 マメザクラの黄葉と落葉した葉)
・標高を上げていくにつれてだんだんと周囲が霧に包まれていきました。霧の中のブナ林はとても幻想的でした。(写真3)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
・大山山頂付近は石が多く、濡れると滑りやすくなるので注意が必要です。また、イタツミ尾根には何箇所か登山道頭上に張り出した木があるので、足元と頭上両方に気を付けて下さい。(写真4)(写真5)
写真
写真4
写真
写真5
・普段はあまり目立たないクモの巣も、霧の水滴がつくとまるで宝石のようにキレイでした。網状やシート状の巣など形状が様々なので、観察してみると面白いです。(写真6)(写真7)
写真
写真6
写真
写真7
・大山山頂に雌のニホンジカがいました。かなり人馴れした様子で、周りの人を全く気にせず草を食べていました。そして、近くで食事中の人に熱い視線を送っている様子が気になりました。シカを見かけても、決して餌付けはしないで下さい。人の食べ物の味を覚えたためにゴミをあさって食べてしまったり、人との距離が近くなりすぎると、不慮の事故につながります。(写真8)(写真9)
写真
写真8
写真
写真9
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月7日<西丹沢方面>寄バス停―栗ノ木洞―後沢乗越 
確認日/令和3年9月7日(火)
コース/<西丹沢方面>寄バス停―栗ノ木洞―後沢乗越
天気/曇り
気温/17℃(12時頃、栗ノ木洞山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<見どころなど>

・櫟(くぬぎ)山山頂の様子が数年前と比べると変わってきています。8年前に 撮った写真と見比べると、ススキ等が増えています。 (写真1)(写真2)
・数年前までは、櫟山山頂から相模湾方面の展望が望めましたが、今は周りの木が伸びてわずかに見える程度です。少し残念な感じもしますが、それだけ木が育ったということですね。(写真3) (写真4)
写真
写真1 8年前(2013年7月)の櫟山山頂
写真
写真2 現在の櫟山山頂
写真
写真3 4年前(2017年1月)の展望
写真
写真4 現在の展望

<登山道情報>

・寄バス停から登山口まではしばらく住宅地やお茶畑の中を進みます。この間で迷い易いので、標識を見落とさないようにしましょう。(写真5)(写真6)
・登山道ではつづら折りが続く区間があります。このような場所ではショートカットが目立ちます。植生の後退や土壌流失を起こすだけでなく、傾斜が急で危険な箇所も多いので、登山道を歩くようにしましょう。 (写真7)
写真
写真5
写真
写真6
・栗ノ木洞から後沢乗越までの間は歩き難くなっている区間があります。注意して歩くようにしましょう。 写真
写真7 青線→登山道 赤線→ショートカット

<自然情報>

・キノコかなと思って、よく見るとタマゴでした。登山中に見かけるのは珍しいことです。何のタマゴでしょうか?(写真8)
・「シカだ」と一瞬びっくりしましたが、木の根でした。似ていませんか?(写真9)
・花は櫟山山頂や林道交点など、日当たりの良い場所で咲いていました。(写真10)(写真11)(写真12)(写真13)
写真
写真8
写真
写真9
写真
写真10 ゲンノショウコ
写真
写真11 ツルボ
写真
写真12 ヤマホトトギス
写真
写真13 キバナガンクビソウ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月1日<陣馬・相模湖方面>千木良―弁天橋―相模湖大橋 ・鼠(ねん)坂―顕鏡寺
確認日/令和3年9月1日(水)
コース/<陣馬・相模湖方面>千木良―弁天橋―相模湖大橋 ・鼠(ねん)坂―顕鏡寺
天気/曇り
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<見どころなど>

・東海自然歩道は東京から大阪までを結ぶ長距離自然歩道のひとつです。小仏城山・嵐山・石老山への登山道はこの東海自然歩道の一部になっています。そのため山と山を結ぶ一般道も含めた接続路もコースの一部になっています。
・この日は、嵐山から小仏城山と嵐山から石老山の接続路を巡視しました。設備の点検が主な業務でした。(写真1)(写真2)(写真3)
写真
写真1 木道や柵の点検
写真
写真2 指導標や看板の点検
写真
写真3 公衆便所の点検
・千木良から相模湖大橋へのコースは嵐山への接続に利用する他に、小仏城山からの下山後、相模湖駅までのバス移動に替えて歩いて移動する時にも使えます。弁天橋周辺の景観など見どころがいくつかあります。(写真4)(写真5)
写真
写真4 弁天橋周辺
写真
写真5 弁天橋からの眺め

<登山道情報>

接続区間でも随所に指導標が設置してあります。見落とさないようにしましょう。(写真6 接続区間の指導標1)(写真7 接続区間の指導標2)
写真
写真6 接続区間の指導標1
写真
写真7 接続区間の指導標2
写真
写真8 鼠坂(ねん)坂から顕鏡寺の間の様子
・顕鏡寺から石老山へのコースは令和元年の台風被害により通行止めになっています。無理に入山して遭難する事故が多発しています。石老山へは他のコースを利用して下さい。鼠(ねん)坂から顕鏡寺までは、石老山―大明神の周回コースや嵐山からの接続に使わられることが主なので、今は歩く人は少ないようです。(写真8)
●令和3年9月3日現在の登山道通行状況です。通行の際は最新の情報をご確認ください。

<自然情報>

・花は少なめでした。確認した主な花です。(写真9 ヤマホホトギス) (写真10 ツリガネニンジン)(写真11 センニンソウ)
写真
写真9 ヤマホホトギス
写真
写真10 ツリガネニンジン
写真
写真8 センニンソウ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
新加入企業のご紹介
ロゴ
令和3年度より新規に入会される運びになりました。
株式会社グリーンメッセージ様
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
『かながわパークレンジャー』特別企画のお知らせ
現在、かながわパークレンジャーのホームページに、『今日は山へ行かない皆さんへ』と題して、丹沢・陣馬の山や自然に関するクイズなどのコーナーが用意されています。
下記のバナーが目印ですので、山へ行けないこんな時に、ぜひ、のぞいてみてください!

 かながわパークレンジャー ホームページ

イベント

他にも、自然環境保全センターの特設ページには、ぬりえやクイズがありますよ! 家にいながら、自然を楽しむことができるコンテンツをぜひ、お楽しみください!
イベント


このページの先頭へ戻る