HOME > イベント情報・お知らせ

イベント情報・お知らせ

県民参加の森林づくり参加者募集 
イベント
日時/令和2年12月23日(水) 小雨決行 荒天中止
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
予備日/令和2年12月24日(木)
内容/竹林整備
定員/事前申込制 50名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方(目安は中学生以上)
場所/川崎市麻生区栗木(栗木山王山特別緑地)
駐車場/自家用車駐車場はありません
集合/小田急多摩線 栗平駅南口 9:30 徒歩で現地へ移動します
解散/13:30〜昼食後解散
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/公益財団法人川崎市公園緑地協会
後援/川崎市、丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
持ち物/・マスク等口と鼻を覆えるもの
・季節に関わらず長袖、長ズボン(動きやすく体温調節しやすい服装)
・靴はトレッキングシューズや安全靴が最適(履きなれた靴でも可)
・皮手袋や滑り止め付き軍手
・手ぬぐいやタオル2枚
・弁当、飲物(夏季は最低でも1リットル準備)
・雨合羽、敷物、常備薬など
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病、熱中症、熱射病は対象外。
作業道具/作業当日に事務局が用意します。ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐鍬(機械は使用しません)
欠席連絡/平日8:30〜17:15までにご連絡ください。当日のキャンセルについては連絡体制は取っておりません。集合時間までに来られない方は欠席とさせていただきます。(遅れないようにお集まりください)
おねがい/体調不良の場合は無理せず休みましょう。活動中は指導者・スタッフの指示に従ってください。

【申込み・問合せ】
@参加希望日とイベント名 A代表者氏名・住所・電話番号 B森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 C会員の方は会員番号 Dメール申込みの方はメールアドレス E同伴者氏名 @〜Eを記入して「参加申し込みはこちら(*注)」からのイベント申込みフォームに入力か電話または、メール/FAX/はがきにて下記までお申込みください。
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(*注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
10月31日<北丹沢>平丸−平丸分岐−黍殻避難小屋 
確認日/令和2年10月31日(土)
コース/<北丹沢>平丸−平丸分岐−黍殻避難小屋
天気/晴れ

<登山道情報>

・青根や伏馬田では令和元年の台風の影響が大きかった地域で、現在も通行止めの区間があります。
 本コースは通行できますが、登山口から約800メートル付近まで荒廃しています。通行の際には十分に注意をお願いします。
 (平丸登山口の注意看板・写真1)(荒廃している様子・写真2)
※注意喚起のためロープを張っています。看板の内容を確認し、ロープを超えて通行ください。
写真
写真1 平丸登山口の注意看板
写真
写真2 荒廃している様子

<その他>

・平丸分岐周辺の尾根沿いはカラマツが多く、今の時期は紅葉がきれいです。
この日はまだ青葉の木もあり、見ごろはこれからだと思われます。(写真3)
・平丸分岐から黍殻避難小屋までの尾根の紅葉は見ごろを迎えていました。太陽の光を浴びてキラキラと輝いていました。(写真4)(写真5)
写真
写真3
写真
写真4
写真
写真5
・今回は気持ちのいい秋晴れで、木々の合間から遠くに富士山や南アルプスを見ることができました。(富士山の山影・写真6)(南アルプス・写真7)
写真
写真6 富士山の山影
写真
写真7 南アルプス
<上記情報元>かながわパークレンジャー
10月28日<表丹沢>権現山−弘法山−矢倉沢道−吾妻山−鶴巻温泉駅 
確認日/令和2年10月28日(水)
コース/<表丹沢>権現山−弘法山−矢倉沢道−吾妻山−鶴巻温泉駅
天気/曇り
温度/20℃(12時頃、弘法山山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・今回のコースは関東地方、一都六県をぐるっと一周する、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)を歩くコースです。里山の自然や歴史を感じる事が出来ます。
・11月3日(火)は秦野たばこ祭りのメモリアル事業として打上花火を上げるため、弘法山公園は9時半から19時半まで通行止めとなりました。
・権現山の展望台からは秦野の街並みが間近に見え、晴れていれば富士山や箱根・丹沢の山々、湘南の海まで見え、とても眺望が良いです。(権現山展望台と展望台からの眺め。富士山は残念ながら雪の中・写真1)(写真2)
写真
写真1 権現山展望台と展望台からの眺め
写真
写真2
・紅葉は木によってはそろそろ見頃のものもありましたが、全体的には色づき始めでした。
・今回のコースは標高が低く、気温も暖かかった為、まだヤマビルが活動していました。低山を歩かれる場合はもうしばらくの間はヤマビル対策が必要かもしれません。
・関東ふれあいの道にそって歩くと、弘法山から先は一旦登山道を離れて、国道沿いや矢倉沢道を歩きます。指導標を目印に歩きましょう。(みかん畑と丹沢の山並み・写真3)(国道246から矢倉沢道の入口・写真4)
写真
写真3 みかん畑と丹沢の山並み
写真
写真4 国道246から矢倉沢道の入口

<自然情報>

・秋の花や実、冬を前に活動する生き物たちを見つけました。
(ノコンギク・写真5)(ニシキギ・写真6)(ウラギンシジミのオス 翅の裏が白銀に輝く・写真7)(交尾中のカマキリ 別の場所に卵のうも発見・写真8)
写真
写真5 ノコンギク
写真
写真6 ウグイスカグラ
写真
写真7 ウラギンシジミのオス
写真
写真8 交尾中のカマキリ
<上記情報元>かながわパークレンジャー
県民参加の森林づくり参加者募集 
日時/令和2年12月12日(土) 小雨決行 荒天延期
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
イベント 予備日/令和2年12月13日(日)
内容/除伐作業
定員/事前申込制 50名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方(目安は中学生以上)
場所/相模原市中央区田名塩田(市有林)
交通/専用バスで現地へ移動します。
集合/8:30 本厚木駅東口
解散/14:00〜 昼食後解散
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/相模原市・中井町
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
持ち物/・マスク等口と鼻を覆えるもの
・季節に関わらず長袖、長ズボン(動きやすく体温調節しやすい服装)
・靴はトレッキングシューズや安全靴が最適(履きなれた靴でも可)
・皮手袋や滑り止め付き軍手
・手ぬぐいやタオル2枚
・弁当、飲物(夏季は最低でも1リットル準備)
・雨合羽、敷物、常備薬など
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病、熱中症、熱射病は対象外。
作業道具/作業当日に事務局が用意します。持参はご遠慮ください。ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐鍬(機械は使用しません)
欠席連絡/平日8:30〜17:15までにご連絡ください。当日のキャンセルについては連絡体制は取っておりません。集合時間までに来られない方は欠席とさせていただきます。(遅れないようにお集まりください)
おねがい/体調不良の場合は無理せず休みましょう。活動中は指導者・スタッフの指示に従ってください。

【申込み・問合せ】
@参加希望日とイベント名 A代表者氏名・住所・電話番号 B森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 C会員の方は会員番号 Dメール申込みの方はメールアドレス E同伴者氏名 @〜Eを記入して「参加申し込みはこちら(*注)」からのイベント申込みフォームに入力か電話または、メール/FAX/はがきにて下記までお申込みください。
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(*注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
10月21日<表丹沢>小丸−金冷シ−小草平 
確認日/令和2年10月21日(水)
コース/<表丹沢>小丸−金冷シ−小草平
天気/晴れ
温度/10℃(13 時頃、鍋割山稜にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<自然情報>

・鍋割山稜はブナやカエデ類等の自然林が美しく、気持ちの良い稜線歩きを楽しむ事が出来ます。樹種や日当たりにもよりますが、標高1000メートル以上で紅葉が見頃を迎えていました。(鍋割山稜のブナ林・写真1)(足元にはブナの実・写真2)(赤や黄色に染まる木々・写真3)(大倉尾根 金冷シ周辺から鍋割山稜方面・写真4)
・稜線はお昼でも気温が10度と寒かったです。また、秋は日の入りがどんどんと早くなります。余裕を持った登山計画を立てて、防寒具とヘッドライトを持ち、秋の丹沢をお楽しみください。(神奈川最高峰の蛭ヶ岳も見えました<写真中央右>・写真5)
写真
写真1 鍋割山稜のブナ林
写真
写真2 足元にはブナの実
写真
写真3 赤や黄色に染まる木々
写真
写真4 大倉尾根 金冷シ周辺から鍋割山稜方面
写真
写真5 神奈川最高峰の蛭ヶ峰

<見られた花>

・漢方に用いられるものや葉の香りのよいものなど、秋の花が咲いていました。 (リンドウ・写真6)(ホトトギス・写真7)(センブリ・写真8)(リュウノウギク・写真9)
写真
写真6 リンドウ
写真
写真7 ホトトギス
写真
写真8 センブリ
写真
写真9 リュウノウギク
<上記情報元>かながわパークレンジャー
県民参加の森林づくり参加者募集 
イベント 日時/令和2年12月5日(土) 小雨決行 荒天延期
※実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので、TEL:045-412-2255にてご確認ください。財団ツイッターでも開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
予備日/令和2年12月6日(日)
内容/除伐作業
定員/事前申込制 50名(先着順)
対象/健康で軽い山歩きのできる方(目安は中学生以上)
場所/中井町比奈窪(中井中央公園)
交通/専用バスで現地へ移動します。
集合/8:30 秦野駅南口 または、9:00 中井中央公園野球場脇駐車場
解散/14:00〜 昼食後解散
参加費/無料(集合場所までの交通費は自己負担でお願いします)
主催/公益財団法人かながわトラストみどり財団
共催/中井町
後援/丹沢大山自然再生委員会
指導者/NPO法人かながわ森林インストラクターの会
持ち物/・マスク等口と鼻を覆えるもの
・季節に関わらず長袖、長ズボン(動きやすく体温調節しやすい服装)
・靴はトレッキングシューズや安全靴が最適(履きなれた靴でも可)
・皮手袋や滑り止め付き軍手
・手ぬぐいやタオル2枚
・弁当、飲物(夏季は最低でも1リットル準備)
・雨合羽、敷物、常備薬など
傷害保険/参加者全員加入しております。ただし、持病、熱中症、熱射病は対象外。
作業道具/作業当日に事務局が用意します。持参はご遠慮ください。ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐鍬(機械は使用しません)
欠席連絡/平日8:30〜17:15までにご連絡ください。当日のキャンセルについては連絡体制は取っておりません。集合時間までに来られない方は欠席とさせていただきます。(遅れないようにお集まりください)
おねがい/体調不良の場合は無理せず休みましょう。活動中は指導者・スタッフの指示に従ってください。

【申込み・問合せ】
@参加希望日とイベント名 A代表者氏名・住所・電話番号 B森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号 C会員の方は会員番号 Dメール申込みの方はメールアドレス E同伴者氏名 @〜Eを記入して「参加申し込みはこちら(*注)」からのイベント申込みフォームに入力か電話または、メール/FAX/はがきにて下記までお申込みください。
公益財団法人かながわトラストみどり財団 みどり森林課
〒220-0073 横浜市西区岡野2-12-20
TEL045-412-2255 FAX045-412-2300   Eメール メール
 イベント詳細はこちら
(*注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。
※受付は先着順です。定員を超え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
10月16日<表丹沢>蓑毛―蓑毛越―阿夫利神社下社 
確認日/令和2年10月16日(金)
コース/<表丹沢>蓑毛―蓑毛越―阿夫利神社下社
天気/晴れ
温度/14℃(12 時頃、阿夫利神社下社付近にて)

<自然情報>

・阿夫利神社下社周辺の紅葉は、色づき始めていました。(阿夫利神社下社付近・写真1)

<見どころなど>

・蓑毛越から阿夫利神社下社までの林内で、間伐が行われた区間がありました。以前よりも明るく日が差し込むようになりました。歩いていても気持ちが良いものです。(間伐された林内・写真2)
写真
写真1
写真
写真2

<登山道情報>

・今回歩いたコースは昨年度に随所で工事が行われ、歩きにくい箇所などが改善されました。(丸太階段、工事前・写真3)(現在の丸太階段・写真4)(桟道、工事前・写真5)(現在の桟道・写真6)(登山道、工事前・写真7)(現在の登山道・写真8)
写真
写真3 丸太階段、工事前
写真
写真4 現在の丸太階段
写真
写真5 桟道、工事前
写真
写真6 現在の桟道
写真
写真7 登山道、工事前
写真
写真8 現在の登山道
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月30日<北丹沢>山伏峠分岐―富士岬平―高指山―切通峠
確認日/令和2年9月30日(水)
コース/<北丹沢>山伏峠分岐―富士岬平―高指山―切通峠
天気/晴れ
温度/18℃(12 時頃、山伏峠分岐にて)

<見どころなど>

・高指山山頂や富士岬平では、ススキが見ごろでした。そういえば十五夜の前日でした。(写真1)
・9月は日照時間が少ない日がほとんどだったので、木漏れ日の中の山歩きが爽やかでした。 (写真2・コースの大半を占めるブナ林)(写真3・富士岬平付近のアブラチャンの林)
写真
写真1 高指山山頂からの眺め
写真
写真2 コースの大半を占めるブナ林
写真
写真3 富士岬平付近のアブラチャンの林

<登山道情報>

・コース上には、送電線の巡視路との分岐がいくつかあります。中には登山道より踏み跡が明瞭な経路もありました。こまめに地図を確認したり、指導標を見落とさないように注意して、迷い込まないようにしましょう。(写真4)
写真
写真4

<自然情報>

・ヤマトリカブトが随所で咲いていました。今年は多いですね。その他、確認した主な花やキノコです。(写真5・ヤマトリカブト)(写真6・シラヤマギク)(写真7・コケに生えたキノコの仲間)(写真8・タマゴタケ)
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月29日<陣馬>和田浄水場−醍醐峠−山の神−山の神登山口
確認日/令和2年9月29日(火)
コース/<陣馬>和田浄水場−醍醐峠−山の神−山の神登山口
天気/曇り
温度/13℃(12時頃、山の神にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・尾根に出るまでは沢沿いを歩きます。登山者が少なく静かな山歩きを楽しむことが出来ますが、渡渉箇所等もあるので気を付けて通行してください。
・山の神から下山してしばらくすると、山の中腹に民家の廃屋があります。
・林内にミョウガがまとまって生えているなど、この場所に人の営みがあった面影を感じます。(写真1・沢沿いの登山道)(写真2・渡渉箇所)(写真3・林内のミョウガ)(写真4・ミョウガの花)
写真
写真1
写真
写真2
写真
写真3
写真
写真4

<自然情報>

・ユニークな形の秋の花が多く咲いていました。色鮮やかなキノコも見つけました。(写真5)シモバシラの名前の由来は、冬に茎の周りに霜柱(氷の華)をつけることによります。秋と冬、違った姿の華を2度楽しむ事ができる人気の植物です。(写真6・ジャコウソウ)(写真7・キバナアキギリ)(写真8・ギンミズヒキ)(写真9・ツリフネソウ)(写真10・ベニチャワンタケの仲間)
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
写真
写真8
写真
写真9
写真
写真10
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月18日<表丹沢>ヤビツ峠−大山−見晴台−下社
確認日/令和2年9月18日(金)
コース/<表丹沢>ヤビツ峠−大山−見晴台−下社
天気/曇り
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・現在、ヤビツ峠バス停横の登山口は、ヤビツレストハウスの新築工事のため通行止めとなっています。県道70号線を菜の花台方面に約50メートル進んだ場所にう回路の入口があります。(写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2
・昨年度の工事で、ぬかるみやすい箇所に木道等が設置されていました。
・コース上に鎖場が数ヶ所あります。未明に雨が降ったので足元が滑り易くなっていて、いつも以上に注意が必要でした。初心者や自信の無い方は、天候の良い日を選ぶと良いでしょう。(写真3)(写真4)
写真
写真3
写真
写真4
・水切りに溜まった土砂等をスコップで取り除きながら巡視を行いました。水切りとは、登山道の侵食を防ぐために、雨水を登山道の外に流すためのものです。 (写真3)(写真4)作業前、(写真5)作業後 写真
写真5
・見晴台〜下社までの登山道
かながわの美林50選に指定され、モミやカシの美しい森がみられます。
この区間は落石や滑落の危険があるので、頭上や足元には十分に注意して通行しましょう。(写真6)(写真7)
写真
写真6
写真
写真7

<自然情報>

・秋の花や実りの季節になりました。(写真8)(写真9)ミズナラのどんぐり:チョッキリというゾウムシの仲間が卵を産み付け枝を切り落としたもの。(写真10)(写真11)
写真
写真8
写真
写真9
写真
写真10 ヤマボウシ:ミズナラと合わせ動物のご馳走
写真
写真11 ヤマトリカブト(植生保護柵内)
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月18日<表丹沢>三ノ塔―新大日
確認日/令和2年9月18日(金)
コース/<表丹沢>三ノ塔―新大日
天気/曇り
温度/20℃(12時頃、新大日付近にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<登山道情報>

・三ノ塔までは周辺の展望が望めましたが、新大日に着くころには霧の中でした。それでも表尾根は低山ながら縦走登山の醍醐味を味わえるコースでした。
・三ノ塔山頂から見渡すと付近の山肌は、薄っすらと色づき始めていました。(写真1)(写真2)
写真
写真1
写真
写真2
・昨年度の工事で、ぬかるみやすい箇所に木道等が設置されていました。
・コース上に鎖場が数ヶ所あります。未明に雨が降ったので足元が滑り易くなっていて、いつも以上に注意が必要でした。初心者や自信の無い方は、天候の良い日を選ぶと良いでしょう。(写真3)(写真4)
写真
写真3
写真
写真4
・三ノ塔と烏尾山山頂には環境配慮型の公衆トイレがあります。維持管理のため利用者の方に100円の協力金をお願いしています。御協力ありがとうございます。
・このような公衆トイレでは微生物の働きで、し尿を処理しています。紙を中に捨ててしまうと分解に時間がかかり、浄化システムへの大きな負担となります。紙類は持ち帰りをお願いします。(写真5)(写真6)
写真
写真5
写真
写真6

<自然情報>

・咲いていた花等です。(写真7)フジアザミ、(写真8)ホトトギス、(写真9)ハンカイシオガマ、(写真10)イワシャジン
写真
写真7 フジアザミ
写真
写真8 ホトトギス
写真
写真9 ハンカイシオガマ
写真
写真10 イワシャジン
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月8日<西丹沢>展望園地付近―檜洞丸
確認日/令和2年9月8日(火)
コース/<西丹沢>展望園地付近―檜洞丸
天気/曇り一時雨
温度/21℃(12 時半頃、檜洞丸山頂にて)

<自然情報>

・まだまだ暑い日が続いていますが昼頃の檜洞丸山頂の気温は 21℃、風も強めに吹いていたので肌寒く感じました。昼食はウインドブレイカーを着てとりました。
・全体的にはまだ青葉ですが、標高約 1400 メートル付近からシロヤシオ等のツツジ類が色付き始めていました。(写真1)
・山頂付近ではシロヨメナやトリカブトの花がたくさん咲いていました。まさにお花畑です。(写真2)(写真3)
写真
写真1 紅葉
写真
写真2 シロヨメナ
写真
写真3 トリカブト

<見どころなど>

・檜洞丸山頂付近では、水源環境保全税を活用して整備した構造階段や植生保護柵をいくつも目にします。
なぜこのような整備が行われたのか解説した看板があるので、読んで現地の様子を見ながら考えていただければと思います。(写真4)(写真5)(写真6)(写真7)
写真
写真4
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
<上記情報元>かながわパークレンジャー
9月4日<表丹沢>長尾尾根(上部)―新大日―塔ノ岳―金冷シ(往復)
確認日/令和2年9月4日(金)
コース/<表丹沢>長尾尾根(上部)―新大日―塔ノ岳―金冷シ(往復)
天気/晴れ
温度/25℃(12 時頃、塔ノ岳山頂にて)
外出が難しい方も多い社会状況ですが、パークレンジャーの活動情報を見てお楽しみください。

<見どころなど>

・登山者カウンタ―のバッテリー交換に同行しました。登山者カウンターは登山者数を計測し動向を調べるために、丹沢山域の一部に設置されています。 今回の作業場所は塔ノ岳山頂付近で、表尾根の新大日山頂と大倉尾根の金冷シです。(写真1)(写真2)(写真3)
・今回は許可を取って林業作業用のモノレールに同乗させてもらいました。札掛の堺沢林道から長尾尾根上部まで、速度はゆっくりですが急勾配をグングン登って行きます。 (写真4)
写真
写真1 新大日山頂
写真
写真2 金冷シ
写真
写真3 バッテリー本体
写真
写真4

<登山道情報>

・標高1000メートル付近までモノレールで一気に登れたので歩き始めは快適でしたが、やはりこまめな水分補給が必要な暑さでした。(写真5)
・表尾根と大倉尾根は、昨年度に工事が行われました。今回歩いたコースでは新大日山頂には新しいベンチ、ぬかるみやすい箇所には木道などが設置されていました。(写真6)(写真7)
写真
写真5
写真
写真6
写真
写真7
・咲いていた花等です。(写真8)(写真9)(写真10)(写真11)
写真
写真8 タイアザミと蜜を吸うアブの仲間
写真
写真9 ゲンノショウコ
写真
写真10 マルバダケブキ
写真
写真11 タテヤマギク
<上記情報元>かながわパークレンジャー
『かながわパークレンジャー』特別企画のお知らせ
現在、かながわパークレンジャーのホームページに、『今日は山へ行かない皆さんへ』と題して、丹沢・陣馬の山や自然に関するクイズなどのコーナーが用意されています。
下記のバナーが目印ですので、山へ行けないこんな時に、ぜひ、のぞいてみてください!

 かながわパークレンジャー ホームページ

イベント

他にも、自然環境保全センターの特設ページには、ぬりえやクイズがありますよ! 家にいながら、自然を楽しむことができるコンテンツをぜひ、お楽しみください!
イベント


このページの先頭へ戻る