HOME > 活動報告 > 令和元年度

活動報告 令和元年度

「第63回(平成31年度)秦野丹沢まつり」にブース出展しました!
平成31年4月20日(土)・21日(日)の2日間、県立秦野戸川公園・市立西中学校周辺にて「第63回(平成31年度)秦野丹沢まつり」が開催されました。再生委員会は、21日(日)に県立秦野戸川公園の秦野ビジターセンター(パークセンター)前にブースを出展し、丹沢の自然や動物、自然再生の取組みなどの普及啓発を行いました。
「秦野丹沢まつり」についてはこちら
活動報告写真
今回は秦野ビジターセンターからニホンカモシカの顔出しパネルやアナグマの毛皮をお借りして、一緒に展示をさせていただきました。
たくさんのお子さんがニホンカモシカになりきって写真を撮っていました。ニホンカモシカが丹沢に住んでいることや、シカ科ではなくウシ科であることなどをスタッフが説明すると、驚く方も多くいらっしゃいました。
また、アナグマの毛皮を触っていた方へアナグマの写真を見せると、「かわいいね」「この近くにもいるんだ!」などの声が聞こえてきました。
活動報告写真
ニホンカモシカの顔出しパネル
活動報告写真
アナグマはどんな動物かな?
クイズも実施し、大人から子どもまでたくさんの方にチャレンジしていただきました。 活動報告写真
ツキノワグマのクイズに挑戦!
他にも、丹沢の豊かな自然やその自然を守っていくための取組みについてパネルを使ってご説明しました。当日は「普段よく登山をしに行く」とおっしゃられる方も多く、「木製階段は歩きやすい」「シカたくさんいるよね」など様々なご意見・ご感想をいただきました。
活動報告写真 活動報告写真
丹沢の自然の大切さや自然再生の取組みがもっともっと多くの方々に伝わるよう、今後も委員会として普及啓発を続けていきたいと思います。
ブースにお越しくださった皆さま、秦野ビジターセンター及びパークセンターの皆さま、出展にご協力いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。

【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局
植樹報告〜第41回コリドー(緑の回廊)を丹沢から〜
主催:NPO法人 丹沢自然保護協会
共催:丹沢緑を育む集い・丹沢大山自然再生委員会
協 力:秦野市森林組合、神奈川県自然環境保全センター、丹沢大山ボランティアネットワーク

平成31年4月13日(土)に菩提峠にて、NPO法人 丹沢自然保護協会が主催する「春の植樹」が開催されました。天候に恵まれ、多くの参加者たちと一緒に植樹を行いましたので、その様子をご報告します。

まず、植樹を行う前にNPO法人 丹沢自然保護協会の中村理事長より、写真を使った子ども向けの解説がありました。
丹沢に住むツキノワグマやサンショウウオ、クマタカなど、たくさんの生き物たちや植物などをユーモアたっぷりに解説していただき、聞いていた子どもたちも興味津々でした。
また、質問に答える子どもたちの豊かな発想に、大人たちも笑みがこぼれます。
活動報告写真
集合場所の菩提峠
活動報告写真
楽しい解説に興味津々!
解説の中で、丹沢にいるツキノワグマは木の実を食べているというお話がありましたが、木の実を食べたツキノワグマのうんちからは色々な種子が出てくるそうです。今回はなんと!うんちから出てきた種子を育てた苗木が用意されていました。 活動報告写真
うんちから出てきた種子を育てた苗木
解説が終わった後はいよいよ植樹開始です。自分が植えたい苗木を選び、鍬を持ったら植樹場所へ向かいます。モミやヤマザクラ、ニシキウツギ、ミズナラ、イロハモミジなど色々な種類の苗木を植えました。
活動報告写真 活動報告写真
活動報告写真  初心者の私では、鍬で穴を掘るのだけで一苦労!でも、少しでも自然再生に協力できたのかなと思うと、この苦労もへっちゃらです。丹沢の春風に吹かれながら、爽やかな気分で植樹を終えることができました。
次は秋に開催される予定です。皆様のご参加お待ちしております。

【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局



このページの先頭へ戻る