HOME > 活動報告 > 平成30年度

活動報告 平成30年度

ウエインズグループからの寄付に対する感謝状の贈呈を行いました
 平成30年3月、ウエインズグループから、丹沢大山自然再生委員会へご寄付を頂戴しま した。
このご寄付に対して、平成30年6月5日、ウエインズグループの構成企業である横浜トヨペット株式会社において、委員会から同グループへ感謝状の贈呈を行いました。

 ウエインズグループは平成18年度の委員会設立当初より当委員会にご参画いただいており、例年秋には同グループが特別協賛するイベント「ワールドフェスタ・ヨコハマ」に委員会としてブースを出展させていただくなど、委員会の活動に対して多大なるご支援を頂い ています。
ご寄付は今回で11 回目となり、これまでに頂いたご寄付の累計は 1,524万円を越える金額となりました。
ウエインズグループからの多大なるご支援に対して、改めてお礼申し上げます。誠にあり がとうございました。
イメージ写真

イメージ写真

【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局
「地球環境イベント かながわエコ10フェスタ2018」にブース出展しました!
 平成30年5月26日(土)・27日(日)の2日間、かながわ地球環境保全推進会議主催の「地球環境イベント かながわエコ10フェスタ2018」が開催され、委員会として7回目となるブース出展を行いました。
「 地球環境イベント かながわエコ 10フェスタ」についてはこちら
イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真
 おなじみの丹沢にすむ動物たちのはく製展示に併せて、スタッフがツキノワグマの毛皮をかぶって来場者の方々をおもてなししました。
怖くて近づけないお子さんもいらっしゃいました(驚かせてごめんなさい…)。
毛皮を触ってみた来場者の感想は「人の髪の毛みたい!」「結構ゴワゴワ…」「爪がすごーい!!」「この爪でやられたらひとたまりもないね」など人によって様々で、聞いていてとても楽しかったです。
イメージ写真

イメージ写真
興味を持ってくださった方には、パネルなどにより、自然再生の取組や委員会の活動についてご説明しました。
今回はパネルを刷新し、委員会構成員が実施している活動をより詳しく説明させていただ きました。
イメージ写真
また、丹沢のツキノワグマは主に何を食べているのかを当てるクイズも実施。正解は「木の実」で、クイズのあとにツキノワグマのフンを見せると、「うんちに木の実が入ってる!」と子ども達も驚いていました。とても勉強になりますね。

 当日実施したアンケートには「自然を大切にしていきたい」「自然の重要さを感じた」と書いてくださった方もおり、再生委員会ブースで何か少しでも感じていただけたものがあったのかなと思います。
 このように自然の大切さなどをもっと多くの方々に感じていただけるよう、今後も委員会として普及啓発を続けていきたいと思います。
ブースにお越しくださった皆さま、出展にご協力いただいた委員の皆様、誠にありがとうございました。
【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局
「第62回(平成30年度)秦野丹沢まつり」にブースを初出展しました!
平成 30 年4月 21 日(土)・22 日(日)の2日間、県立秦野戸川公園・市立西中学校周辺にて「第 62 回(平成 30 年度)秦野丹沢まつり」が開催され、22 日(日)に再生委員会として初めてブース出展を行いました。
イメージ写真
県立秦野戸川公園の秦野ビジターセンター(パークセンター)前に再生委員会ブースを出展し、登山をしに来られた方やお祭りに来られた方、ふらっと散歩で来られた方など、たくさんの方にお越しくださいました。
丹沢にすむ動物たち、ツキノワグマ、シカ、イノシシ、タヌキのはく製を展示したところ、皆さん興味津々。
「クマが丹沢にいるの?」「シカは見たことがある!」など、色んな声が聞こえてきました。
イメージ写真 イメージ写真
イメージ写真
興味を持ってくださった方には、パネルなどにより、自然再生の取組や委員会の活動についてご説明しました。
丹沢に親しみを持っている地元の方が多く、熱心に説明を聞いてくださいました。
イメージ写真
子ども向けのクイズも実施しました。丹沢のツキノワグマは主に何を食べているのかを当てるクイズです。正解は「木の実」ですが、大人でも「魚」だと思っている方が多くいらっしゃいました。
また、当日実施したアンケートでは、「自然再生の取組に参加したいと思いますか」との質問に対し、「はい」と回答してくださった方が多く、丹沢の自然や再生の取組への関心の高さが伺えました。
丹沢の自然の大切さや再生の取組がもっともっと多くの方々に伝わるよう、今後も委員会として普及啓発を続けていきたいと思います。
ブースにお越しくださった皆さま、出展にご協力いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。
【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局
植樹報告〜第39回コリドー(緑の回廊)を丹沢から〜
主催:NPO法人 丹沢自然保護協会
共催:丹沢緑を育む集い・丹沢大山自然再生委員会
協 力:秦野市森林組合、神奈川県自然環境保全センター、丹沢大山ボランティアネットワーク
「植樹報告〜第 39 回コリドー(緑の回廊)を丹沢から〜」についてはこちらをご覧下さい(NPO法人 丹沢自然保護協会ホームページ)

平成 30 年4月 21 日(土)に二ノ塔山腹にて、NPO 法人 丹沢自然保護協会が主催する「春の植樹」が開催されました。参加者は菩提峠に集合し、苗木やクワを担いで植樹場所へ向かいます。
イメージ写真
集合場所の菩提峠
イメージ写真
山道を登る様子
植樹場所へ向かう途中では、スタッフの方が植物などの解説をしてくださり、とても勉強に なりました。マメザクラもきれいに咲いていました。 イメージ写真
マメザクラ
今回の植樹場所は、前回も植樹をしており、以前植えた苗木が育っていました。参加者は以前植えた苗木を踏まないように気を付けながら、各々好きな場所に新たな苗木を植えていきました。植えた苗木は、ブナ、ミズナラ、ヤマボウシなどです。
イメージ写真 イメージ写真
イメージ写真
上手にできたかな?
お天気にも恵まれ、丹沢の爽やかな空気を吸いながら植樹をすることができました。ほんの少しかもしれませんが、自然を再生していくためのお手伝いができたのかなと思います。次回は10月に実施される予定です。皆様も参加してみませんか?

【発信】丹沢大山自然再生委員会事務局



このページの先頭へ戻る